【院内掲示】令和6年診療報酬改定に伴う加算等について

2024年6月1日

当院では、令和6年6月の診療報酬改定に基づき、院内掲示をウェブサイト上に掲載を行っております。

【医療情報取得加算】

オンライン資格確認を行う体制を有しています。
正確な情報を取得・活用するためマイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします。

【医療DX (デジタルトランスフォーメーション) 推進体制整備加算:オンライン請求システム、電子処方箋や電子カルテ共有サービスの構築へ向けた準備に係る体制加算】

当院ではオンライン請求を行っており、電子処方せんや電子カルテ情報共有サービスの活用に向け随時準備を進めております。
また、オンラインでの資格確認により、質の高い診療を行うための十分な情報を取得、及び活用した診療を行う体制を整えております。

(電子処方箋を発行する体制については電子カルテメーカーの対応待ちです。経過措置 令和7年3月31日まで)
(電子カルテ情報共有サービスを活用できる体制については当該サービスの対応待ちです。経過措置 令和7年9月30日まで)
マイナンバーカードの健康保険証利用の使用について、実績を一定程度有しております。

【一般名処方加算】

当院では、後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みなどを実施しています。
一般名処方とは、お薬の「商品名」ではなく、「有効成分」を処方せんに記載することです。
そうすることで供給不足のお薬であっても有効成分が同じ複数のお薬が選択でき、患者さまに必要なお薬が提供しやすくなります。後発医薬品があるお薬については、説明の上、一般名(有効成分の名称)で処方する場合がございます。

【明細書発行体制等加算】

当院では、医療の透明化や患者様への情報提供を積極的に推進していく観点から、領収証の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行しております。 明細書には、使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されます。
明細書の発行を希望されない方は、会計窓口にてその旨お申し出下さい。

【外来感染対策向上加算】

当院は、院内感染防止対策として、必要に応じて次のような取り組みを行っています。
〇感染管理者である院長が中心となり、「感染防止対策指針」及び「手順書」を定め、従業員全員で院内感染対策を推進します。
〇院内感染対策の基本的な考え方や関連知識の習得を目的に研修会を定期的に実施します。
〇抗菌薬については厚生労働省のガイダンスに則り、適正に使用いたします。
〇感染対策に関して基幹病院と連携体制を構築し、定期的に必要な情報提供やアドバイスを受け、院内感染対策の向上に努めます。
〇受診歴の有無に関わらず、発熱その他感染症を疑わせるような 症状を呈する患者さんの受入れを行います。

【生活習慣病管理料(Ⅰ)(Ⅱ)】

高血圧症、脂質異常症、糖尿病に関して療養指導に同意した患者さまが対象です。
患者さまには個々に応じた目標設定、血圧や体重、食事、運動に関する具体的な指導内容、検査結果を記載した『療養計画書』へ署名(サイン)を頂く必要がありますので、ご協力のほどよろしくお願いします。
また当院では患者さまの状態に応じ、・28日以上の長期の処方を行うこと・リフィル処方せんを発行することのいずれの対応も可能です。
なお、長期処方やリフィル処方箋の交付が対応可能かは病状に応じて担当医が判断いたします。